「鍼は急性症状にも効果抜群?」ギックリ腰・寝違え・突き指・打撲・捻挫が治るワケ。

シェアする?

この記事を読むには、243 かかります。 *それでも読んでくれるあなたが好きです。

ギックリ腰・寝違え・突き指・打撲・捻挫など急性の痛みには鍼がオススメ!

発症して間もない強い痛み(急性症状)には、鍼がよく効きます。

しかし、一般の方からしたら鍼がなぜ痛みに効くか分からないという方が多かったですので噛み砕いて説明していきたいと思います。

炎症を抑える

急性の症状には、筋肉が損傷されるため炎症を伴うものがほとんどです。

炎症とは、痛み・赤み・腫れ・熱を持っている状態です。

すなわち炎症があるうちは、痛みもあるといった状態なのです。

しかし、鍼は白血球の増加やサイトカインなどの産生誘導など抗炎症作用があるので炎症を抑える効果があります。

厳密には、鍼を刺した筋を微小に損傷させるため微小な炎症が一時的に起きます。その為、内出血がある場合は患部周辺に鍼を打つこともあります。

天然の鎮痛物質が分泌される

鍼により体表の感覚神経が刺激され脳や脊髄(中枢神経)に内因性オピオイド(βエンドルフィン)という鎮痛物質が分泌されます。

いわば天然の痛み止めが脳に作用するのです。

なので痛みが和らぎます。

痛覚を鍼刺激の感覚で遮断する。

鍼刺激は体表の太い感覚神経も刺激します。

これにより鍼刺激の感覚が元々の痛覚を遮断します。

例を挙げると体の一部をどこかにぶつけた際に、その部位をさすると痛みが和らぐのと同じメカニズムです。

血行が良くなる

鍼により神経の分枝にも刺激が伝わります。すると分枝の末端からCGRP(カルシトニン遺伝子関連ペプチド)という物質が放出されることにより近くの血管を拡張させます。*これを軸索反射とも呼びます。

血行が良くなることで疼痛物質が洗い流されます。

まとめ

急性の症状には、まずは炎症を抑えることが1番です。

炎症を抑えるには、アイシングが大切となってきます。しかし本来、炎症とは治る為の身体の自然な反応です。

なので外的に冷やすアイシングのしすぎは良くないです(*目安は、7分〜8分を1セットか2セットでしょう。)

急性な症状を早く治すには、適度なアイシングと安静に鍼も組み合わせて炎症を抑えてから痛みを緩和することをオススメします。

~参考文献~

東洋療法学校協会

アイシングするならコレがオススメ。


アイスノン

炎症止めなら南九州発祥のこの薬がめっちゃ効きます。


本常盤白紅よかよか

*次はコチラの記事をお読みください。

医療系国家試験対策!解剖生理学・臨床医学各論を動画で楽しく学べるサイト。
遂に国家試験が迫ってきましたね! 年は明けいつの間にか1月。 遂にこの季節がやってきましたね! 2月に国家試験が迫って...
「西洋医学と東洋医学の違い。」東洋医学のメリットとは⁈
こんにちは^^ 今回は、鍼灸師として普段患者さんと接する中で説明することが多い西洋医学と東洋医学の違いについて伝えていきたいと...
タイピングが速くなりたいなら寿司打で楽しく練習しよう!!(無料)
近年、パソコンを使った仕事が増えています。 例えば、システムエンジニア、プログラマー、サラリーマン、医療事務、プロブロガー、ア...
テレビでも話題の現代医学で注目されるトリガーポイントとは? 
スポンサーリンク // 現代医学は、どんどん進んでいますね。 ボク自身も鍼灸師として初心を忘れるべからず...
鍼灸師の国家試験に最速最短で受かるためにするべきこと。
こんちはー。 ヤマシタです。 今日は鍼灸師を目指す学生さん達のために鍼灸師の僕から偉そうですが国家試験の勉強方法につい...


スポンサーリンク


スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする?

フォローする?