日本語ラップを盛り上げるのに貢献したフリースタイル神企画5つ。

シェアする?

この記事を読むには、737 かかります。 *それでも読んでくれるあなたが好きです。
日本語ラップの浸透

ボクが日本語ラップにハマった高校生の頃、周りに日本語ラップを聴く人なんてほとんどおらず話もできませんでした。

というボクも友達から日本語ラップの存在を教えてもらうまで洋楽のヒップホップやR&Bばかり聴いていて日本のヒップホップなんてダサいだろう?って思っていたんです。

しかし、ZeebraのStreetDreamsを聴いてから完全に目覚めましたね←

それからずっと日本語ラップのファンなんですが最近になって思うのが前よりも日本語のヒップホップの認知が上がっているということ。

ボクの周りの友達もみんな日本語ラップの話をしたら通じるしラッパーの人口も増え飽和状態になりつつあるぐらい人気ですよね。

そんな嬉しい日本語ラップの現状なんですが、こうなるまでに日本語ラップを愛する色々な方達の思いや行動が身を結んで今の人気になっていると思うのです。

そこで今回の記事では、日本語ラップを盛り上げるのに貢献したフリースタイル神企画5つ。というテーマでなぜここまで人気になってきたのか振り返ってみましょう。

B BOY PARK

このイベントを抜きにして日本語ヒップホップを語ることは出来ないだろう。

かつて B BOY PARK のフリースタイルバトルには、KREVA・般若・漢ら現在も第一線で日本のヒップホップを引っ張る中堅のラッパー達も参加していた。

~概要~

B BOY PARK(ビー・ボーイ・パーク)とは、1997年から毎年夏に代々木公園・野外ステージで行われている日本最大規模のヒップホップのブロックパーティである。
アーティストによるライヴやパネルディスカッション(トークショー)の他、1999年からは一般参加によるMCバトル、B-BOYバトル(ダンスバトル)、DJバトルが行われている。 尚、初年度のみ「Tokyo B-BOY’S ANNIVERSARY」というタイトルだった。

公式HP

http://www.bboypark.com/

UMB

アンダーグランドで絶大なる人気を生んだのがこのイベント企画だ。

ボクも地方予選を生で目にして全国大会のDVDを見たがそのレベルの高さに同じ人間なのかを疑ってしまったw

ラップスキルとして大切なフリースタイル。

その基盤を根から定着させたUMBは、あっぱれである。

過去に、般若・鎮座ドープネス・晋平太・R-指定などが出場して優勝しており

日本人ラッパーのラップスキルの向上は、UMBのおかげと言っても過言でないだろう。

~概要~

ULTIMATE MC BATTLE(アルティメット エムシー バトル)はLibra Records主催のラップのフリースタイルで頂点を決める2005年より始まったMC BATTLEの大会である。勝敗の全てを観客が決定する、全員参加型のヒップホップイベント。クラブシーンにおける新たなジャンルの確立とそれが万人に通用するエンターテイメントである事の証明を目的とし、音楽業界全体のレベル向上を目指して行われる。2011年度より全国予選の規模を拡大し【25箇所の地方優勝者と6名の準優勝者、1名の敗者復活者】を含めた合計32名で決勝大会を行う。勝ち抜いたプロ・アマチュア問わないフリースタイラーが全て観客の判断によるジャッジシステムで「フリースタイル」の日本一を競う。

公式HP

http://ultimatemcbattle.com

戦極MCバトル

今もっとも熱いと言われてるのがこの企画。

年間に1人の日本チャンピオンを決めるUMBに対して短期スパンで様々な企画をするのが戦極の魅力だ。

ラッパーたちも実践を踏む機会が増えるということで、日本語ラップの発展の為に欠かせないイベントになりつつある。

また、ガチなフリースタイルはもちろん、芸人ラップ王座決定戦という企画などもありバラエティーに富んでいる。

~概要~

戦極 MCBATTLE(センゴク エムシー バトル)は日本のHIPHOP MCBATTLEの大会である。
2007年度より前身となるイベント戦慄 MCBATTLEが開催されており、2012年1月よりリニューアルし戦極 MCBATTLEとなり現在に至る。主催はMC正社員、HOSTMCは八文字・アスベスト。

公式HP

http://sengokumc.exblog.jp/

高校生ラップ選手権

間違いなくフリースタイルラップのスゴさや面白さを素人にも伝えたのがこの企画だろう。

一般的にも認知度が高い芸人の小藪さんが司会という影響力も大きいであろう。

野球でいう甲子園のような青春をラップでも出来るんだというコトを証明してくれたこの番組はスゴい。

何も生きる目的がなく不良の道に入りかねない高校生を更生させたり夢や目標を持つことの素晴らしさを伝えている。

そして、高校生ラップ選手権に影響されラップを始めた者が若いうちラップスキルを磨いているため才能のあるラッパーがどんどん誕生している。

~概要~

BAZOOKA!!! 高校生RAP選手権(バズーカ!!! こうこうせいラップせんしゅけん)は、BSスカパー!で放送されているバラエティー番組BAZOOKA!!!内で放送されているコーナー。

日本全国の高校生達がフリースタイルラップでMCバトルをし、優勝を競うコーナー。高校生であれば性別・国籍不問で出場可能。中卒や高校中退者といった高校に通っていない者でも高校生の年齢であれば出場できる。また、留年をした高校3年生でも証明できる物があれば予選に参加が可能。

公式HP

http://www.bs-sptv.com/bazooka/rap/

フリースタイルダンジョン

そして現在進行形で話題を生み続けているのがこの番組企画だ。

チャレンジャーのラッパーが名実のあるラッパーたちを倒していくという下克上な企画が見ていて面白い。

司会進行・審査員はバランスのとれた人事であり、字幕で企画の説明やラップの言葉などが分かることから素人にも面白さが伝わるようになっている。

地上波でフリースタイルのバトルがみれる日がくるなんて夢にも思わなかった。

~概要~

『フリースタイルダンジョン』(FREESTYLE DUNGEON)は、テレビ朝日にて、2015年9月30日(29日深夜)より、毎週水曜1:26 – 1:56(火曜深夜)(JST)に放送されているバラエティ番組である

即興ラップ(フリースタイル)の腕を5人のモンスター(プロラッパー)と戦い、賞金獲得を目指す番組。
プロラッパーをモンスターと称すなど、従来のMCバトルにRPG要素などを取り入れたのが特徴。
収録場所はクラブハウスとなっており、一般の観覧募集もしている。

公式HP

http://www.tv-asahi.co.jp/freestyledungeon/

まとめ

こんにちの日本語ラップ人気は、これまで日本語ラップを愛する先輩方の様々な思いや努力、そして行動があってここまでになったことでしょう。日本語ラップを愛する1人として先輩たちをリスペクトし感謝の気持ちでいっぱいです。

日本の音楽業界全体の中では、まだまだヒップホップの人気は低いかもしれませんが、これからもっと発展して地上波の歌番組や紅白歌合戦にも色んなラッパーがたくさん出演する時代が来て欲しいなぁと思います。

個人的には、今後の日本語ラップの流れとしてフリースタイルダンジョンの人気がある程度、落ち着いたら次の手として女性ラッパーのMCバトルが発足すれば面白いんじゃないかと勝手に思っています。

女性ラッパーも増えているし、マイクを持ったら年齢も女子特有のネチネチしたのも関係なしで思う存分、真正面からdisり合うのを見てみたいですね。かなりエグいと思いますがw

これからも日本語ラップの発展を願って応援しましょう^^


UMB


スポンサーリンク

*次はコチラの記事をお読みください。

鎮座ドープネスのフリースタイルが面白すぎる件についてwww
鎮座DOPENESSを知ってるかい? 1981年生まれ。東京・調布生まれ国立育ち。2004年より活動開始。 ヒップホップ、ブルー...
漢が晋平太にブチ切れ。漢 vs 晋平太 のビーフ⁈ フリースタイルダンジョンの出演はどうなるのか?
ええ。漢 vs 晋平太 のビーフ⁈ フリースタイルダンジョン、そして日本語ラップファンのボクとしてはショックなニュースなワケですが事実らし...
Zeebraも泣いた。フリースタイルダンジョンの般若vs焚巻の試合が熱すぎる←
フリースタイルダンジョンを知ってるかい? フリースタイルダンジョン(FREESTYLE DUNGEON)とは、Zeebraがオーガ...
AKLOはフリースタイルラップが上手いのか?下手なのか?
AKLOとは? 東京生まれメキシコ育ち、日本人の母親とメキシコ人の父親を持つハーフ・メキシカン。 O.Y.W.M. (One Yea...
元ジャニーズAAA日高光啓(SKY-HI)のフリースタイルがキチガイのように上手い件。
日高光啓を知っているかい? 日高 光啓(ひだか みつひろ、1986年12月12日 - )は、日本のラッパー。日本の音楽グループ・AAA...
フリースタイルダンジョンに出演した過去チャレンジャーとモンスター(ラッパー)の全戦績。
相変わらずフリースタイルダンジョン盛り上がってますね。 毎回、盛り上がってますがふと、戦績を出してみたら面白いかな、。と思い過...


スポンサーリンク

シェアする?

フォローする?