ZeebraとKREVAはなぜ共演しない?ヒップホップファンが待ち望むコラボはこの先見れるのか。

シェアする?

この記事を読むには、637 かかります。 *それでも読んでくれるあなたが好きです。

ZeebraとKREVAの共演ってあるの?

最近ヒップホップを好きになった人は、この2人の共演がないことを不思議に思っている人も多いことでしょう。

2人とも日本を代表するラッパーです。日本のラッパーでKINGといえばどちらかの名前が挙がります。

DABO・Mummy-D・ANARCHY・SEEDAなど有名なラッパーたちが2人(ZEEBRAとKREVA)の両方と共演があるのに2人の直接の共演はありません。

ファンからしたらなんか歯がゆい。ってことでこの2人のこれまでの歩みと関係性について紐解いていきましょう。(*あくまで個人的な推測も含まれてます)

どっちが先に売れたの?

ちなみに年齢を言うと現在、Zeebraが45歳でKREVAが40歳であり学年で言うと5つほどZeebraが年上になります。

Zeebraが一躍有名になったのは、Dragon Ashと制作したGrateful Daysという楽曲をリリースした1999年頃でしょう。翌年の2000年には、タモリさんが司会の「笑っていいとも」にも出演していますし↓

一方その頃、KREVAは KICK THE CAN CREW(キック・ザ・カンクルー)というヒップホップユニットを結成して活動しており個人でも日本最大のMCバトル「B-BOY PARK」に出場し史上初の3連覇(1999年 – 2001年)を達成。のちに、KICK THE CAN CREW は有名になり2002年に紅白歌合戦にも出場しました。

元々、Zeebraは知る人ぞ知るヒップホップのアンダーグランドでは有名だったでしょうし

世間一般的に見ても先に有名になったのはZeebraだったワケですね。

ちなみにKREVA(クレバ)が出ていたmcバトル「B-BOY PARK」の中でZeebra(ジブラ)の曲の韻を引用したり名前を出したりと

当時のKREVAが先駆者のZeebraをリスペクトしていることや憧れがあることが伺えます。

Zeebraは、過去にKREVAをディスっていた?

実はZeebraは、2006年にOZROZAURUS(オジロザウルス)のMACCHO(マッチョ)と一緒に制作したDisrespect 4 U という曲でKREVAのことをディスっています。

~Zeebraの歌詞~

I Ain’t Gotta Say No Name
だが覚悟しときなよ芸能系

I Ain’t Gotta Say No Name
誤解されんだ お前らの影響で

I Ain’t Gotta Say No Name
借りたもんは返しな青少年

Bitch 何度も言っただろうに
この話題だけは
スルーか 知ったかボーイ

どこで覚えたんだ ライミングフロー
そのCDがてめえんちで泣いてんぞ

I Ain’t Gotta Say No Nameとは、スラングで「俺の名前は名乗るまでもない。」という意味合いが含まれてます。なので先に売れたZEEBRAからすれば格の違いを見せつけてやりたい。という思いがあったのでしょうかね。

その頃のKREVAは、2004年のキックザカンクルーの活動休止に伴いソロデビューして

次々とシングルをリリースしながら2006年の2月に「愛・自分博」というアルバムをリリースした後のことでした。

KREVAは、慶應大学卒のエリートながら一般人にも聴きやすいポップな曲で売れてラッパーとして成功しつつあったので

ストリートから叩き上げでヒップホップシーンを牽引してきたZeebraにとっては、面白く思わなかったんでしょう。 またオジロのマッチョがクレバのコトが嫌いだったことも大きかったでしょう。

そんなコトもあってかこの 「Disrespect 4 U」というディス曲を2006年の3月にリリースしました。

にしてもこの曲カッコよすぎますよね。 MACCHOとZeebraのオラオラ感がたまらない www

KREVAのアンサーは?

クレバは、この曲に対してコレといったアンサーはないです。

しいて言うなら SEEDAと作った楽曲 TECHNICと自身4枚目のアルバム「心臓」に収録されてるACEという曲でアンサーを匂わせるリリックがありますが決定的なワードもなく時期的に見ても少し遅いですね。(*TECHNICは、2007年10月17日に、ACEは、2009年9月8日にリリース。)

KREVAは、メジャーアーティストとして売れて日本の音楽業界でヒップホップやラップを広めたいという方向性で活動してたように感じます。だから、ヒップホップ界の内輪揉めに首を突っ込まなかったし、もっと言えば興味も無かったし暇じゃなかったといったところでしょうか。*あくまで推測ですが

以降、ZeebraとKREVAの関係は?

それからZEEBRAとKREVAは、毎年のように曲やアルバムをリリースしており特にどちらかの言及も見られませんね。

KREVAは、ポップス好きなファンを獲得していき Zeebraは、コアなヒップホップのファンがいたので活動の接点がなかったんでしょうね。

ちなみにKREVAは、2006年に愛・自分博のツアーで武道館ライブをしておりZeebraは、2008年に20周年記念として武道館ライブを行いました。

もう何も無い?

Zeebraが一方的にKREVAをディスって確執が生まれたかと思いきや

(特に2人の活動に接点もなかったんですが)

ある時、ZeebraがTwitterで「KREVAの曲をDJで流している。」とツイートしたことがあります。

KREVAもある取材で記者から「DJができるラッパーって珍しいですよね?」的な質問をされた時に「Zeebra氏なんかも出来ますよ。」などとZeebraの名前を度々挙げるなど

特にお互いのことを嫌ってるという感じもなく接点が無いだけでむしろリスペクトし合ってるんじゃないかと思う言動にもとれます。

ファンが待ち望む2人の共演。

2人ともいい年になり結婚して家庭も持ち、ラッパーとしてもベテランの域に入ってきて自分だけのことだけでなく音楽業界の中のヒップホップシーンを考えないといけない立場になってきています。

そんな流れから考えても2人の共演が起きる可能性もゼロではないでしょう。ただお互い自分の活動で忙しいのもあるでしょうし、それ以上に業界のタブー的なしがらみがあるんでしょうかね。

いずれにせよ、ココは歳上であるジブさんから歩み寄ってヒップホップ業界を盛り上げて欲しいですな。

・ストリートから成り上がった生き方でヒップホップのカッコよさを日本に伝えたZeebra

・エリートながらも輝かしい実績で日本の幅広い層にヒップホップを広め続けるKREVA。

日本語ラップ世代交代を前に2人で作る楽曲が聴きたいのは、ボクだけしょうか?

2人の夢の共演を待ち望むファンは多いのではないでしょうか。

*次はコチラの記事をお読みください。

100万獲るならアイツを出せ!フリースタイルダンジョンに出て欲しいラッパーたち。
皆さん、フリースタイルダンジョンで100万円獲るラッパーが見たいですよね? うぇいよー!!(*みんなの声を代弁) お笑い番組のイ...
近年の日本人ラッパーのDis・beef (ディス・ビーフ)をまとめました。Zeebra・NORIKIYO・般若・宇多丸・K DUB SHINE
beef(ビーフ)とは? ラッパー同士で行われるラップの喧嘩です。 相手を侮辱することをDIsと言います。 元々は、ア...
元々KREVAはオラオラしていた?クレバのフリースタイル(即興ラップ)の上手さが神級な件w
日本語ヒップホップ界のキング ファンじゃなくても知らない人は、少ないと思います。 カラオケに行った際に履歴を見てもKREVAの曲を歌...
ラッパーの奥さんは美人ばかり。日本人ラッパーの奥さん  (嫁さん)をまとめました^^
男性ファンも女性ファンもなんだかんだ、気になる← そう! あのラッパーって奥さんいるの? どんな人なの⁈っていうとこ。 ...
天使なのにヒップホップが好き? MACOちゃんが好きなラッパーのまとめ。
MACOちゃんといえば2014/15年に一番売れたアーティストの1人ですよね。 若者で知らない人は、いないんじゃないかと思うほ...
Instagramでみるファッションセンスがイケてるお洒落な日本人ラッパー10選!
最近のラッパーってなんかお洒落じゃない? 昔まで ラッパーに対する世間一般のイメージといえば、不良やワルでオラオラしててダボダボの...


スポンサーリンク

シェアする?

フォローする?