春の選抜 (センバツ) みてたら近年の高校野球のピッチャーを考察してみたくなった。

シェアする?

この記事を読むには、348 かかります。 *それでも読んでくれるあなたが好きです。

俺は、もう楽天のユニフォームを着てるぜ!

ただいま、甲子園の 海星vs敦賀気比戦を見ながらブログ書いてるともやんです。

実は、ボクも高校まで野球をしていた野球小僧でした。対して上手ではなかったですが。

だから、小学生の時から甲子園が大好きで高校名から高校の応援や校歌、選手の名前まで覚える気持ち悪い高校野球マニアでした。元々はね

で、今も甲子園が始まれば毎日のように見てるんですが最近の高校生ピッチャーについて思うことがあったのでブログに書いてみようと思います。

いいピッチャーの条件とは?

野球が好きな人ならそれぞれ、いいピッチャーの条件があるかもしれません。

ボクもこの条件の一つに Max140kmというものがあります。

全国レベルを目指すならプロ注目になるならやっぱりスピードという要素は外せないですよね。

現実的矛盾

近年、科学が進歩しスポーツ界もより理論的で効率のいいトレーニングや練習をしているせいか年々レベルが上がっています。

そのせいか昔は140kmを投げるピッチャーといえば稀な存在でしたが今は、地方に行っても何人も140kmを投げるピッチャーがいますよね。

しかし、どうでしょう。

全国的に見たら140kmを投げるピッチャーが増えてるはずなのに甲子園に出てくるピッチャーを見てみたら120km~130km台のピッチャーが多いではないですか。

特に最近の甲子園はですよ←

例えば、昨年の大阪桐蔭のエースの田中投手みましたか?


引用(http://www.asahi.com/koshien/articles/photo

名門大阪桐蔭のエースといえば誰もが剛腕投手をイメージするでしょうが田中投手のストレートは、120km台でした。

つまり、ストレートが速いピッチャーが必ず勝ち上がって甲子園に来れる時代では、なくなってきてると言えますよね。

矛盾がおきる背景

ボクが考えるに矛盾が起きてる背景としてバッティングマシーンの進化が大きいでしょうね。

ある程度、野球に力の入れてる学校なら150~160kmぐらい投げるバッティングマシーンを持ってるでしょうから速さに対応するバッティングの技術が上がってるんでしょう。

こんなやつ↓

だから多分、今の高校生は、ストレートだけならプロの球でも打てるでしょうね。

勝てるピッチャー

そんな事もあってスピードだけでは、今の高校生は抑えれないのでピッチングの組み立て(配給)が上手なピッチャーが勝てますよね。

組み立てが上手なピッチャーといえばコントールが良いピッチャーですよね。

甲子園を見てて思うのがストレートにスピードがなくてもコーナーに投げ分けてバッターの狙い球やタイミングを見てゆるい球で引っ掛けさせたり

逆に遅い球のあとは、120km台のストレートでもインコースで空振りが取れたり詰まらせたりできますよね。

それを知っていて組み立てできてるピッチャーが増えてるのも現実ですね。

さいごに

昔は140km投げるピッチャーがすごいと思っていたけど今は、試合を作れるピッチャーの方に美学を感じてしまうボクです。

さて、選抜はどこの高校が優勝するのでしょうかね^^

個人的には、九州勢の秀学館と海星に期待しています。


スポンサーリンク

*次はコチラの記事をお読みください。

不屈のメジャーリーガー川﨑宗則から守備を学べるDVDがあるらしいぞ。
川﨑宗則とは? 川﨑 宗則(かわさき むねのり、1981年6月3日 - )は、鹿児島県姶良市出身。兄の影響で野球を始め、小学生から高校...
めちゃイケにも出ていたバディ幼児園をスポーツ生理学的にみると。
バディ幼児園って知ってますか? 昨日、めちゃイケに出ててしったんですが教育方針がぶっ飛んでますねw 〜バディ幼児園のコンセプト〜 ...
テレビでも話題の現代医学で注目されるトリガーポイントとは? 
スポンサーリンク // 現代医学は、どんどん進んでいますね。 ボク自身も鍼灸師として初心を忘れるべからず...
ランナーに多い病気のシンスプリント。初期症状が出たらすぐに鍼治療で治そう!
今回の記事では、ランナーに多い病気であるシンスプリントについて お伝えしたいと思います。(脛骨過労性骨膜炎とも言います) ど...
綺麗な動画・映像を撮れる一眼レフなら Canon EOS70D を持っておきたいよね←
Canon EOS70Dが欲しい… 最近になって写真よりも動画を撮るのが好きなボクはどうしても今これが欲しいい!!!! 始...
美容鍼をしているアイドル・モデル・女優・芸能人・海外セレブのまとめ
引用() 最近、テレビやSNSなど各メディアでよく美容鍼を見かけるようになってボクたち鍼灸師としては嬉しいですね。 美容鍼は...


スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする?

フォローする?