新世代女性ラッパーDAOKOのクールで独特な音楽観を感じよう。

シェアする?

この記事を読むには、253 かかります。 *それでも読んでくれるあなたが好きです。

 DAOKOって知ってる?

DAOKO(だをこ)
1997 年生まれ、東京都出身。15 歳の時にニコニコ動画へ投稿した楽曲で注目を集め、2012 年に LOW HIGH WHO? PRODUCTIONより1st Album『HYPER GIRL- 向こう側の女の子 -』発売。ポエトリー・リーディング、美しいコーラス・ワーク、ラップを絶妙なバランスで織り交ぜ、他にはない独特の歌詞をみずから作詞している。
インターネットというベールに包まれ活動するミステリアスな彼女の存在は、高感度のクリエイターに広がり、16歳(女子高生)にしてm-floに見出される。2015年3月TOY’S FACTORYから1stアルバム『DAOKO』にてメジャーデビューした。

ひとこと

ボクが初めて聴いた時、ミステリアスでハイセンスな女性ラッパーとして水曜日のカンパネラコムアイっぽいのかな?と思ったんですが本質的に真逆のアーティストですね。

水曜日のカンパネラ(コムアイ)は、意味が伝わりづらい歌詞を並べてラップして裏のメッセージとして『楽しむことの素晴らしさ』が伝わるというのが魅力です。ま、雰囲気でわかると思うんですが陽気でポジティブな印象ですね。

一方、DAOKOは自身の人生から生まれた負のエネルギーやブルーな世界観が表現されています。いってしまえば陰気でネガティブな要素があります。それが魅力となっているんですが←

余談ですがコムアイもDAOKOも好きなアーティストとして椎名林檎を上げていました。

10代とは思えない作詞センスで緩急をつけつつ高速フロウラップができる部分を見ても今の日本にいないタイプのアーティストしてこれからも注目です。

DAOKO

~トラックリスト~
1.水星
2.かけてあげる
3.一番星
4.ゆめうつつ
5.流星都市
6.ぼく
7.きみ
8.嫌
9.ミュージック
10.JK
11.ないものねだり
12.高い壁には幾千のドア

映画『渇き。』の挿入歌などで各界から注目を集める現役女子高生(2015年時)、daokoのメジャー・デビュー・アルバム。彼女らしい独特のロジック、詩の世界はそのままに、新進気鋭のトラックメーカー、そしてGREAT3片寄明人が参加した8組と楽曲制作。NEW daokoがここに誕生。

個人的にtofubeats水星をアレンジした曲とかけてあげるは、初めて聴いたとき鳥肌でした。聴いたことない人は、ぜひチェックを!

水星

かけてあげる

公式サイト

http://daoko.jp/

*次はコチラの記事をお読みください。

日本の音楽業界で異彩を放つコムアイちゃん(水曜日のカンパネラ)の全てが斬新でカワイイ。
コムアイちゃんを知ってるかい? 輿美咲(こしみさき)神奈川県出身 1992年7月22日(23歳)慶應義塾大学在学 Di...
長野県松本市である「りんご音楽祭」って激アツイベントですね。
YouTube見てて りんご音楽祭の存在知ったんですけど このイベント激アツですね。 りんご音楽祭って? りんご音楽祭(...
PUNPEEって水曜日のダウンタウンの音楽(挿入曲)担当なんだね。
引用() 本日は自分がOPやら途中の選曲やら担当させてもらってる水曜日のダウンタウンの2時間SPでございます。21時から。もうすぐ...
ヒップホップアイドルユニット lyrical school(リリカルスクール)のMVが斬新すぎる。。
ボク自身もこのユニットについては、知らなかったんですがフェイスブックで RUN and RUN(ランエンラン)という曲のMVがスゴイと...
おかもとえみさんって誰なの?EVISBEATSがリミックスしたHIT NUMBERに超ハマってるんだけど!
ユーチューブで好きなEVISBEATSのMV見てたら 関連動画で雰囲気よさそうなサムネイルがあったからポチッとクリックしてみたら ...
美人女性ラッパー あっこゴリラ が異彩放ちまくりな件www
今までもCOMA-CHIやRUMIを筆頭に色々な女性ラッパーが誕生してきたんだけど 最近は、あっこゴリラさんというラッパーがヤバイです...


スポンサーリンク

シェアする?

フォローする?