日本語ラップの変革者 SEEDAは、フリースタイルラップは上手いのか?

シェアする?

この記事を読むには、253 かかります。 *それでも読んでくれるあなたが好きです。

ボクが思うSEEDAは、日本語ラップの変革者です。

昨今、日本語ラップの人気に伴いSALUやKOHHなどのNEWスターから日本語ラップを聴き始めたリスナーも多いでしょう。

しかし、そんな人にも是非知って欲しいラッパーがSEEDAなんです。

日本のラップに単調なモノが多かった中、英語を織り交ぜたバイリンガルラップでアルバムごとに変わるフロウ(歌い方)はイノベーションだったんじゃないかな

そんな、昔からの日本語ラップファンなら誰もがヤバいと知ってるSEEDAですが

フリースタイルラップは、上手いのか? にフォーカスしていきましょう。

MCバトルに出たSEEDA

2003年のB-BOY PARKに出たSEEDA。

この時、高速テンポのバイリンガルラップだった為、ラップとしてカッコイイんだけどリスナーの耳がついていってなくて伝わっていない感じがします。

なのでMCバトルに不利なスタイルですよね。笑

結局、このバトルで負けてしまいます。

コレは勝った試合ですが2003年にこのフロウでラップできる人ってSEEDAしかいなかっただろうなと思いますよね。

TERIYAKI BEEF

2009年TERIYAKI BOYZをディスした時に誤解を解こうとVERBALが自身のラジオに読んでセッションを行ったがフリースタイルになりSEEDAがVERBALに何も言わせなかった、。

バーバルからすればちょっと可哀想な気がするがw SEEDAは、気合いが入ってます

A-A-ACT A FOOL

2010年 SKY-HI (日高光啓)のFM YOKOHAMAのラジオでのフリースタイルセッション。

かなりイケてます。

Amebreak

2011年アメブレイクでのフリースタイル。終わり方も面白いw

フリースタイルというよりもう曲になってますよね、

TOKYOHOTLINE

2011年の792TOKYO HOTLINEでのフリースタイル。

この頃のSEEDAのフロウは、昔からするとだいぶクリアで聴き取りやすくなっていますね。

まとめ

やはり、変革者シーダはフリースタイルが上手いですね。間違いないと思います。

バイリンガルラップはMCバトル向きではないでしょうがw

ただ、詩人のようなワードセンス・話の核心を突く頭脳・変幻自在のフロウ があるので今MCバトルに出たらメチャクチャ強いんじゃないかと思います。

そういった意味でフリースタイルダンジョンの新モンスターとして期待してたんですが、。

これからもSEEDAの音源もですがフリースタイルも聴きたいところです

*次はコチラの記事をお読みください。

SEEDA(シーダ)とGUINNESS(ギネス)のビーフをみたらSEEDAというラッパーのヤバさに気づく。
ボクが日本語ラップの魅力にとり憑かれるキッカケとなったビーフと言えば SEEDAとGUINNESSのビーフです。 ビーフとは・・...
日本語ラップ界における影の立役者 BACHLOGIC (バックロジック) の名曲まとめ。
近年の日本語ラップ界で抜かして語ることのできない存在と言えば プロデューサーのBACHLOGIC (バックロジック) でしょう。 B...
心を揺さぶる日本語ラップ名曲10選! 「これを聴いてから日本人ラッパーをディスってください。」
「ちょっと待ってください。」 これを聴いてから日本人ラッパーをディスってください。 ということで心を揺さぶる、感情を揺さぶる日本語ラップ...
ZeebraとKREVAはなぜ共演しない?ヒップホップファンが待ち望むコラボはこの先見れるのか。
ZeebraとKREVAの共演ってあるの? 最近ヒップホップを好きになった人は、この2人の共演がないことを不思議に思っている人も多...
フリースタイルダンジョン32動画。2人目の新モンスターDOTAMAの登場。
フリースタイルダンジョンの盛り上がりが加速 みなさん、フリースタイルダンジョン32をご覧になったでしょうか? ほとんど見てない人がボ...


スポンサーリンク

シェアする?

フォローする?