ヒップホップ入門。知っておきたい日本人ラッパー10選

シェアする?

この記事を読むには、834 かかります。 *それでも読んでくれるあなたが好きです。

もう、大好きなんですよ。。

日本語ラップが、、。高校時代から今までiPodの8割が日本語ラップで。。

だから、どうしてもこのカッコイイ音楽カルチャーを伝えざるを得ないです。笑

ってことで初心者が知ってほしい日本人ラッパー10選をまとめてみました。

*個人的に知ってることをまとめたので多少間違いがあるかもしれませんが多めに見てね

1. Zeebra(ジブラ)

d6200c75cd19fa2350cae918ca52d45c

やはり、日本ヒップホップを語る上で絶対外せないのがZeebra。

日本語ヒップホップ界のKINGと呼ばれ日本にヒップホップを広める火付け役となった。

まだ、日本にヒップホップが浸透してなかった頃、Zeebraの力強いダミ声とストリート感溢れる歌詞(リリック)、アウトローから成り上がった生き方に多くの人が衝撃を受けたと思う。

私自身もヒップホップにハマったきっかけがZeebraのstreet dreamsという曲を聴いてからであり多くのラッパーがリリックの中でZeebraの名前を出すほどその影響力は大きい。

オススメの曲は、やはりStreet Dreams

奥さんは、モデルの中林美和さん。

2. KREVA(クレバ)

original

そして日本にはもう一人、KING と呼ばれるラッパーがいる。

それが KREVA(クレバ) だ。

知名度はラッパーの中で最も高く、日本で最も稼いでいるラッパーなんじゃないかと思う。

有名になる前に出場した「B-BOY PARK」と呼ばれる即興のラップバトルでは、史上初の3連覇を達成した前代未聞の経歴を持つ。

その実力からメジャーで活躍するアーティストながらアンダーグラウンド(バンドで言うインディーズ)のラッパーやヘッズ(ヒップホップファン)達からも高い支持を得ている。

向上心が半端なく、歌のリリックでも一般の人が聴いても共感できるような前向きな言葉を多い。KREVA本人も一般の人に自分を通じてヒップホップを知って貰える入り口になりたい。と言っている。

また、デビューしたての頃、ZEEBRAとMACCHOにDisrespect4Uという曲でディスられたがKREVAはメジャーアーティストとしてのフィールドで勝負していくスタンスなのかアンサーはしなかった。

が、、ACEという曲で少しアンサーしてるんじゃないかと思った。(真相は分からない。笑)

個人的に好きなアルバムはSPACE 奥さんは一般人女性であり公表されてない。

3. SEEDA(シーダ)

SEEDA(シーダ)を聴いたことがなくて他のラッパーを聴いてる人がいるのならば、それはやめて頂きたい。笑

ロンドン生まれであることからバイリンガル(英語も話せる)でありブレないスタンスとリリック、またアルバムごとに変わるフロウ(歌い方)など多彩であることがヘッズを魅了している。

古くさいビートからお洒落なビートまでSEEDAが歌うとカッコよくハマり、BACH LOGIC(バックロジック)と制作した名曲たちは、ヒップホップの枠を超えて音楽として新世界を感じさせる。

オススメのアルバムは花と雨

エピソードとしてB-BOY PARKに出ていた頃、KREVAに何度も即興で勝負を挑んだが何度やっても敵わなかったらしい。このことからか、SEEDAはKREVAのことをリスペクトしていると考えられ、goodboy goodgirl という曲を一緒に制作している。

また、TERIYAKIBOYZが歌詞を無断で引用した事が原因でVERBALをディスったことがある。VERBALは誤解を解こうとSEEDAを自身のラジオに呼んだのだがSEEDAは、フリースタイルでVERBALをボコボコにした。そのbeef(ディスし合うヒップホップの文化)に対してチャチャを入れてきたラッパーに対してもbeefでボコボコにした。このことからSEEDAbeefの文化が好きだと考えられる。笑

奥さんは歌手のEMI MARIAである。

4. ANARCHY(アナーキー)

ANARCHY_131022

団地で育ち暴走族の総長をしていたという凄まじいバックグラウンドを持つ。

刑務所に入っていた時に、ZEEBRAを聴いたのがキッカケでラッパーになったという。

瞬発力のあるフロウ(歌い方)と実経験に基づいたアウトローな歌詞がメチャクチャカッコイいい。

また、バスケやスケボーが好きであったり、身体に多数のタトゥーを入れていたり、ファッションセンスに長けていたり、とストリート感溢れるライフスタイルも注目を集めている。

オススメの曲は 「GROWTH」「FATE」「KING」など

所属レーベルをavexに移籍した。それが関係しているのか、三代目 J Soul Brothers のメンバーらとも交流があり特にELLY( エリー) と仲が良い

5. MACCHO (マッチョ)

アメリカの西海岸ヒップホップの影響を受けて誕生した日本のウェッサイシーンを牽引するラッパー。

横浜市で生まれ中学生の頃、通っていた洋服屋でDS455のKayzabroに出会ったことがキッカケでラッパーになった。

OZROSAURUSという名前で活動することが多い。

力強い声とリズム感が独特なフロウがクセになるカッコよさだ。

オススメは、代表曲でもある「  AREA AREA

アメ車好きな人には是非聴いて欲しいアーティーストだ。

6. 般若(はんにゃ)

Z322024261

キャラが強烈であり、湘南乃風、加藤ミリヤ、DJ KAORI、KREVA、K DUB SHINE などをライブでディスったことがある。笑

その一匹オオカミで物怖じしないスタイルから熱烈なファンを生んでいる。

ワードセンスとユーモアが半端なく、下ネタを入れた曲も面白い。

2008年のUMB(即興ラップバトルの全国大会)で優勝も果たしたほどフリースタイル(即興)ラップも上手い。

また、長渕剛を強くリスペクトしており桜島で行われた長渕剛のライブでは共演を果たした。

奥さんは、シンガーのSAY

個人的にオススメのアルバムは、ドクタートーキョー、BLACK RAINなど

7. AK-69(エーケーシックスティーナイン)

ak69_gspa_a_HP

日本のウェッサイシーンといえばこのラッパーを忘れてはならないだろう。

インディーズながら名古屋を拠点にその人気は全国区へ。

ヒップホップを知らない人でもAKは知ってる人が多いことからその知名度は凄まじい。

フック(サビ)が日本語ラップ界にイノベーションをもたらしたほどキャッチーなメロディーで乗りやすいのが最大の特徴。

そのキャッチーなメロディーと売れたことへの嫉妬からか、「AKはヒップホップじゃない。」と批判するヘッズも多くいる。笑

また、中日ドラゴンズの選手を中心に数多くのスポーツ選手が自分のテーマソングとしてAK-69の曲を使っている。 体操の内村航平もAKが好きだと公言している。

オススメのアルバムはTHE CARTEL FROM STREETS

8. SALU(サル)

news_large_salu1_0258

日本語ラップに間違いなく革新をもたらした新世代ラッパーといえばこの人。

一般の人が初めて聴けばヒップホップだと感じさせないほど枠にとらわれないラップがカッコイイ。

気だるく話しかけるようなフロウが特徴的である。

また、リリックの視点も斬新で他の多くのラッパーは自分の目線からリリックを書くことが多いのに対してSALUは、第三者の目線で起きてる現象を捉えているのが面白い。

BACH LOGICと制作した曲は、お洒落でモダンな世界観のモノが多くUS(アメリカ)にも通用するモノを目指してるんじゃないかと考えられる。

オススメはファーストアルバムのIN MY SHOES

9. AKLO(アクロ)

jpgCOa2013060514

日本人の母親とメキシコ人の父親を持つことから英語も多彩に織り交ぜたラップをする。

言葉の切り方や間合い、リズム感、イントネーション、言葉選び、独特なフロウ、すべてが多彩なラッパー。

あまり知られていないがフリースタイルも上手い。

オススメのアルバムはTHE PACKAGE

10. KOHH(コウ)

DQYRQKAC

今、最も日本のヒップホップシーンで勢いがあるラッパー。

母親が薬中であることや韓国人の父親を小さい頃に亡くし、貧しい環境で育ったことなど壮絶なバックグラウンドを持っておりそれを曲でも歌っている。

チャラい歌が印象的だが、曲の半分以上は自身の経験から成り上がってきたマインド論が多いように感じる。

間合いをあえてとりながら話すようにラップをするフロウが斬新である。

また、全身にタトゥーを入れており日本のラッパーの常識を覆したような容姿がヘッズ達のファションアイコンになりつつある。

リリースのスパンが短いことやマーケティング手法までもが他のラッパー違いイノベーションをもたらしている。

オススメのアルバムはMONOCHROME 」

まとめ

いかがだったでしょうか?

まだまだ、オススメのラッパーは沢山いるんですが全員紹介したらキリがないのでこの辺で。

日本語ヒップホップ、カッコイイので是非聴いてみてくださいね^^

*次はコチラをお読みください。

絶対笑ったらダメ!と言われても無理な おもしろい日本語ラップまとめ。
今まで日本のヒップホップというと 怖いとか危ない18禁なイメージが先行してた所から変わって 少しコミカルさが入った楽曲を出すラッ...
SALUのフリースタイルラップは、上手いのか?下手なのか?
日本語ラップ界で唯一無二の存在であるSALUですが フリースタイルのラップは、出来るのか?上手いのか? 気になる人の為に調べてま...
意外と多い⁈ 日本語ラップが好きなお笑い芸人をまとめました。
最近、いろんな芸能人が日本語ラップに注目してくれてるなぁ〜。とは思っていたんですが よくよく考えると、みんなお笑い芸人じゃないか!と気...
遂に漢がKNZZへのアンサー曲を発表!KNZZ vs 漢 のビーフの流れを時系列で解説。
夏といえば甲子園が熱いですが日本語ラップも今そうとう熱くなってますねw そうなんと言っても KNZZ vs 漢のビーフ で話題は持ちき...
最近、メロウなトラックメイカー『Sweet William』が気になって仕方がないって話←
こんちは。ともやんです。 いきなりですが 最近気になって仕方がないトラックメイカーがいます。 その名もSweet Will...
KNZZ vs 漢のビーフで殴り合い喧嘩。今,RYKEYはどんな気持ちなんだろうwww
ヤバすぎます。 漢 vs KNZZの殴り合いのガチビーフが勃発しました。 コレはエンターテイメントとかじゃなくてガチなス...


スポンサーリンク

シェアする?

フォローする?