商業的成功を収めたKREVAとAK-69にリスペクトとディス。

シェアする?

この記事を読むには、347 かかります。 *それでも読んでくれるあなたが好きです。

なんとなくヤフー知恵袋を見ていたら日本語ラップについて

面白い質問がされていたので解決済みでは、あったもののボク的な見解を出したくなりましたので勝手ながらシェアしたいと思います。

Yahoo!知恵袋より

KREVAとAK-69について

昔から思ってたんですがこの二人とも
そうとう売れてるし RAPだけではなく

シンガーでもありますよね?

それでセルアウトしたからか知らないですが

AK-69はHIPHOPじゃないだの散々言われてるのに
KREVAはリスペクトされてるのしか聞いたことありません

なぜなんでしょうか?前友達がKREVAは本物HIPHOPだけどAKはJPOPじゃね?
と言って 他の友達がでも二人とも歌とかもうたってるしセルアウトもしてるじゃん

と言い返したらその友達は うーーんと困っていました

僕的に KREVAはフリスタとかスキルがあるから
AKはスキルがなくて真面目なのに昔不良でしたみたいなギャングスタRAPを
してるから?みたいな結論がでました
でもそれでもKREVAも歌歌ってる事にはかわりないしい
なぜKREVAはJPOPと言われないんだろお

と不思議でたまりません

だれかおしえてくださいーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*引用(http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa

ボクの見解

確かに。

日本のラッパーで商業的成功という観点で見ればKREVAとAK-69の2人が抜けていることは間違いないでしょう。

それで、この質問のポイントについて←

「AK-69はHIPHOPじゃないだの散々言われてるのに KREVAはリスペクトされてるのしか聞いたことありません。なぜなんでしょうか?」

KREVAに関して言うと、どんなコアなラッパーよりもフリースタイルMCバトルが1番強いことから多くのMCや幅広いファンから支持を受けています。

AK-69に関して言うと、サビの作曲センスが抜けててどんなラッパーの曲よりもキャッチーな点がウケて

本来ヒップホップを聞かない人たちもAK-69のファンになったので 根っからのヒップホップファンからすれば「あいつら分かってないな〜。」ってなったんでしょうね

ディスりたくないですけど。ぶっちゃけ、AK-69はカッコイイけどAK-69ファンは、なんかダサい人多いですよね。笑

多分、AK-69のブランディングが優れていて

・いかつくてヤンチャそう

・地方(名古屋)が拠点

・赤色に染める  etc..

というような要素が共感を生み、地方のヤンキー・不良が影響されて

AK-69のカルト信者のようになってしまったように思いますね。

ただ、AK-69をヒップホップじゃない!という言うのは、ただの一般人の意見からであることが多く

他のMC (ラッパー) からディスられないのは、AK-69の実力・才能・努力が認められてる点・人間性が素晴らしい点があるからじゃないかというボクの推測です。

AKは、Zeebra・般若・KOHH等 第一線のほとんどのMCと関係も良好ですよね←

イベントに出演した際に他の若手アーティストに差し入れをしていたので気遣いに優れた人なんでしょうきっと←

さいごに

ここまでAK-69とKREVAについて話してきましたが

2人自体の接点や共演がないのは、少し残念ですよね。

年齢で見てもKREVAが39歳でAK-69が37歳で二つしか変わらないんですよね。

メジャーで最も売れた KREVAとアングラにこだわり続けた果てにヒップホップ界の名門レーベル Def Jam Recordingと契約した AK-69

両者とも作曲センスと歌唱力まで併せ持ち商業的成功を収めたラッパーとして共通項があります。

ファン層が全然違うのでイメージが湧きませんが共演することになれば業界は、大騒ぎでしょうね。


スポンサーリンク





スポンサーリンク

シェアする?

フォローする?