平成生まれが絶対抑えとくべき日本語ラップの名曲クラッシクス。

シェアする?

この記事を読むには、351 かかります。 *それでも読んでくれるあなたが好きです。

ここまで、散々日本語ラップに関する記事を書いてきた当ブログですが、

気づいたけど、日本語ラップのクラシックについて触れてなかった。。泣

確かにそのリリースされた時代に生きてなかった・ガキだったというのもあるんですが(*平成生まれ)

日本語ラップを語る以上、先人たちへのリスペクトを込めてコレはいかん!と思いました。

ということで、日本語ラップのクラッシク名曲をまとめました。最近の日本語ラップしか分からないという人も謙虚に勉強しましょうね←

 1985年

いとうせいこうがアルバム『業界くん物語』を発売。プロデューサーはヤン富田で、藤原ヒロシ、DJ K.U.D.O.、Dub Master Xらが参加。*引用

 1994年

3月9日、スチャダラパーと小沢健二のシングル「今夜はブギー・バック」が発売され、累計50万枚以上を売り上げる。*引用

 1995年

LAMP EYEがシングル「証言feat.RINO,YOU THE ROCK,G.K.MARYAN,ZEEBRA,TWIGY,GAMA & DEV LARGE」を発売する。*引用

4月スチャダラパーが5th WHEEL 2 the COACHを発表し収録されている「サマージャム’95」は名曲となった。

 1996年

ブッダブランドが人間発電所~プロローグ~を発表する。のちに、加藤ミリヤが「夜空」という曲でサンプリングする。

 1997年

4月23日、BUDDHA BRANDが『ブッダの休日』を発売する。チルヒップホップの名曲として世に広まる。*引用

7月25日、ZEEBRAがシングル『真っ昼間』を発売する。*引用

 1998年

12月LIBRO(リブロ)が胎動を発表する。

 1999年

4月28日、Soul Screamが2枚目のアルバム『The positive gravity~案とヒント~』を発売する。代表曲である『蜂と蝶』を収録。*引用

7月23日、ミクスチャー・ロックバンドのDragon Ashが3枚目のアルバム『Viva La Revolution』を発売する。「Grateful Days featuring. ACO,ZEEBRA」等、ラップミュージックが多数収録された。*引用

7月にRHYMESTER(ライムスター)リスペクトを発表し、収録されているB BOYイズムが名曲となる。

 2000年

4月21日、ラッパ我リヤが「Do the GARIYA thing」でメジャーデビュー。*引用

10月7日、NITRO MICROPHONE UNDERGROUNDが1枚目のアルバム『NITRO MICROPHONE UNDERGROUND』を2万枚限定発売し、即完売する。これを受けて同作をDef Jam Japanから再発売し、15万枚を売り上げる。*引用

 2001年

2月15日、DABOがシングル『拍手喝采』でDef Jam Japanよりメジャーデビュー。*引用

4月25日、横浜市のOZROSAURUSが1枚目のアルバム『ROLLIN’045』を発売。8万枚を売り上げる。*引用

5月23日、KICK THE CAN CREWがシングル「スーパーオリジナル」でメジャーデビュー。*引用

まとめ

いかがだったでしょうか。今のヒップホップが好きな人も、最低でも上記の曲だけは知っといた方がいいでしょう。

今の日本語ラップは、どんどん進化していますが昔の曲は昔の曲で素晴らしいですね。時代が変わっても人の心を動かすモノを感じます。

特に、ココで紹介した名曲たちは、ビートがやはり雰囲気とグルーブがあって心地よいですね^^

日本語ラップ最高です!

*次はコチラの記事をお読みください。

KNZZ vs 漢のビーフで殴り合い喧嘩。今,RYKEYはどんな気持ちなんだろうwww
ヤバすぎます。 漢 vs KNZZの殴り合いのガチビーフが勃発しました。 コレはエンターテイメントとかじゃなくてガチなス...
話題沸騰中の IO・KANDYTOWN 「クラシック感がCOOLでカッコイイ。」
今話題沸騰中のヒップホップクルーといえば IOが率いるKANDYTOWNですね。 最近では、WARPやOLLIEやWOO...
漢が晋平太にブチ切れ。漢 vs 晋平太 のビーフ⁈ フリースタイルダンジョンの出演はどうなるのか?
ええ。漢 vs 晋平太 のビーフ⁈ フリースタイルダンジョン、そして日本語ラップファンのボクとしてはショックなニュースなワケですが事実らし...
あのラッパーって何歳⁈ 日本人ラッパー年齢早見表まとめ(タメ・同学年)
みなさん日本語ラップ好きで聴いていてもラッパーの年齢について知らない人が多いと思います。 見かけによらず若い人や、見かけによらず意外と...
絶対笑ったらダメ!と言われても無理な おもしろい日本語ラップまとめ。
今まで日本のヒップホップというと 怖いとか危ない18禁なイメージが先行してた所から変わって 少しコミカルさが入った楽曲を出すラッ...
お洒落な日本語ラップを探してる人は、絶対5lack(slack)を知るべき。
やっと時代が5lack(slack)について来たんじゃないかと思ってしまう。 最近、ジワジワとハマり出したラッパーといえばSLACK(5L...


スポンサーリンク

シェアする?

フォローする?