MC漢の自伝「ヒップホップドリーム」読んだ感想・レビュー。

シェアする?

この記事を読むには、246 かかります。 *それでも読んでくれるあなたが好きです。

今話題のKNZZとのビーフ渦中である漢a.k.a.GAMIの自伝「ヒップホップドリーム」を読んだ感想を書いていきたいと思います。

買うか迷ってる方の参考になればと思います!

レビュー・感想

まず自伝ということで漢自身が書いてるんですが文章力があるのか、とても読みやすかったです。けっこう前にZeebraの自伝を読んだことあるんですがアレは読みづらかった。笑

登場人物などの紹介も丁寧にしてあるのも良かった!

ただ、漢周りのラッパーなどあまりにも知らなすぎる人は、読んでてツラいかもしれません。

内容としては、漢の生い立ちからヒップホップを始めた経緯、誰もが気になるストリートビジネスの話などです。

こんなコト本に書いて大丈夫なの?と思うような内容が書かれてて、流石リアルなラッパーです。フリースタイルダンジョンならコンプラだらけです←

漢といえばDABOとのビーフ・ライブラ絡みの晋平太とのビーフ・KNZZとのビーフなど揉め事が多いラッパーとしても有名ですが

DABOとのビーフ・ライブラとの問題については、その経緯を詳しく書かれています。

晋平太への言及はなくてKNZZとのビーフもこの本が出版された後だったこともあり全く書かれていません。

ただ、この本の内容から勘ぐるとKNZZ周りとストリートビジネス関係で揉めたのかなぁ〜なんて思いますね。

本の評価を星ですると4.5星←

というコトで長めのレビューになりましたが日本語ラップファンは、買って損はないと思います。

ヒップホップ・ドリーム

-内容紹介-
ラッパー・漢 a.k.a. GAMIの初の自伝にして、日本のヒップホップシーンの壮絶なるリアルを描き出す前代未聞のドキュメント。
新宿のストリートで育ったMC漢が見た東京と日本の風景、強者ラッパーたちとの出会いや壮絶なるビーフ、凶暴な不良たちとのヒリヒリする関係、ラップの技術論からストリート・ビジネスとギャングスタ・ラップの真髄、そしてLIBRAとの繰り広げたビーフの最暗部までを赤裸々に語る。
日本社会に蔓延る矛盾を飲み込み、善と悪の彼岸でヒップホップの〈リアル〉を追求する「ヒップホップの哲学」にして、ゼロ年代以降の日本ラップ史に重要な足跡を残す証言多数。ファン必携の書!


スポンサーリンク

*次はコチラの記事をお読みください。

遂に漢がKNZZへのアンサー曲を発表!KNZZ vs 漢 のビーフの流れを時系列で解説。
夏といえば甲子園が熱いですが日本語ラップも今そうとう熱くなってますねw そうなんと言っても KNZZ vs 漢のビーフ で話題は持ちき...
KNZZ vs 漢のビーフで殴り合い喧嘩。今,RYKEYはどんな気持ちなんだろうwww
ヤバすぎます。 漢 vs KNZZの殴り合いのガチビーフが勃発しました。 コレはエンターテイメントとかじゃなくてガチなス...
「ぶっちゃけ、漢くんシャべえよ。」と言ったKNZZ側のラッパーONE-LAWって誰なの?
巷では、漢とKNZZのビーフの話題で盛り上がっていますが、 その話題の動画内で、最後に「正直、漢くんシャべえよ。」と話しているKNZZ...
漢が晋平太にブチ切れ。漢 vs 晋平太 のビーフ⁈ フリースタイルダンジョンの出演はどうなるのか?
ええ。漢 vs 晋平太 のビーフ⁈ フリースタイルダンジョン、そして日本語ラップファンのボクとしてはショックなニュースなワケですが事実らし...
近年の日本人ラッパーのDis・beef (ディス・ビーフ)をまとめました。Zeebra・NORIKIYO・般若・宇多丸・K DUB SHINE
beef(ビーフ)とは? ラッパー同士で行われるラップの喧嘩です。 相手を侮辱することをDIsと言います。 元々は、ア...
心を揺さぶる日本語ラップ名曲10選! 「これを聴いてから日本人ラッパーをディスってください。」
「ちょっと待ってください。」 これを聴いてから日本人ラッパーをディスってください。 ということで心を揺さぶる、感情を揺さぶる日本語ラップ...


スポンサーリンク

シェアする?

フォローする?