「日本語ラップ図書館」

シェアする?

この記事を読むには、1015 かかります。 *それでも読んでくれるあなたが好きです。

こんちは。ともやんです。

ココでは、日本語ラップファンの為にラッパー達の自伝を中心に日本のヒップホップに関する本をまとめました。

日本語ラップにもっと詳しくなりたいって方は必見ですよ!!

HIP HOP LOVE

日本語ラップ界のキングZeebraの自伝。すべてを曝け出した、偽りなき告白。1988年、17歳でマイクを握り、伝説のヒップホップグループ「キングギドラ」のフロントマンとして名を馳せ、1997年のソロデビュー以来、常に時代の先頭を走り続けているZEEBRAが、2008年“ラッパー20周年”のメモリアルイヤーに己の人生の全てを綴った自伝を刊行する。幼少期、ストリート、家庭、サラリーマン、ヒップホッパー。それらの軌跡は決して順風満帆ではなかったー。これは過酷な現代社会をサバイブするためのバイブルである!

ヒップホップ・ドリーム

ラッパー・漢 a.k.a. GAMIの初の自伝にして、日本のヒップホップシーンの壮絶なるリアルを描き出す前代未聞のドキュメント。
新宿のストリートで育ったMC漢が見た東京と日本の風景、強者ラッパーたちとの出会いや壮絶なるビーフ、凶暴な不良たちとのヒリヒリする関係、ラップの技術論からストリート・ビジネスとギャングスタ・ラップの真髄、そしてLIBRAとの繰り広げたビーフの最暗部までを赤裸々に語る。
日本社会に蔓延る矛盾を飲み込み、善と悪の彼岸でヒップホップの〈リアル〉を追求する「ヒップホップの哲学」にして、ゼロ年代以降の日本ラップ史に重要な足跡を残す証言多数。ファン必携の書!

痛みの作文

ANARCHYが綴る、魂のライフストーリー。

ANARCHY(キタオカケンタ)は、古都京都の南端にある巨大な市営住宅出身。
小学校低学年の頃、両親が離婚し、「ロックか? ロックじゃないか?」をすべての判断基準とするオトンの元で育つ。小学生の時から金髪で、当時のあだ名は”金髪ケンタ”。
父親を通し、アメ車、ロックンロールなどアメリカン・ポップカルチャーの影響をもろに受け、また、漫画『スラムダンク』との出会いをきっかけに.…etc.

監獄ラッパー

2005年、奇妙な音声で録音された「Lost Dope」という曲が、日本のヒップホップ・シーンに衝撃を与えた。声の主は札幌出身のラッパーB.I.G. JOE。ヘロイン密輸容疑で逮捕され、オーストラリアの刑務所に服役中だった彼は、日本への国際電話を利用し、そのラップを吹き込んだのだ……。本書は、異国の獄中で過ごした日々を綴った、B.I.G. JOE 6年間の手記である。事件の顛末、裁判の行方、塀のなかの過酷な生活、そして、前向きに生きる力を与えてくれたラップという表現手段。収監中の身でありながら日本で発売された数々の作品は、どのように制作されたのか? 長い刑期のなかで彼は何を感じ、何を思ったのか? その全貌が、ついに明かされる。

真ッ黒ニナル果テ

国内屈指の人気DJとして知られるMUROの活動30周年を記念したアーティスト・ブック。雑誌『GROOVE』に掲載されたインタビュー、対談記事の再録のほか、現在につながる活動の起点を作ったDJ KRUSHとの久しぶりの対話、盟友DEV LARGEとの貴重な対談(初版『RARE GROOVE A to Z』より転載)などでMUROの“掘りの美学”に触れることができるだけでなく、テーマ別にセレクトした秘蔵盤、『ドーナツ盤ジャケット美術館』の番外編、さらには『Wax Poetics Japan』誌で連載していた“ヴァイナル駅伝”など、さまざまな切り口でMURO自身が380枚以上ものレコードを紹介! ファンはもちろん、すべてのヴァイナル・ラバーに捧げる1冊です。

札と月

著者 DABO

ラッパーとしての実力はもちろんのこと、ブログを読めばわかる通り文才に恵まれており、さらには絵心もある。そんなDABOの類い稀な才能を丸ごと1冊にまとめたのが「札と月」だ。ほかのミュージシャン/芸能人のものとは一線を博し、その濃い内容に定評のあるブログは、「一番搾り」のごとく厳選したものだけを本書に収録。また、以前から「書いてみたかった」という小説に初挑戦。物書きとしてのデビュー作となるので、一読の価値あり! さらに、「小さい頃は漫画家になりたかった」という彼のイラスト集も必見。もちろん、ラッパーDABOのヒップホップ感に触れられるコンテンツや、プライベートを垣間見れるコンテンツも満載だ。すべてのDABOファン、ヒップホップファンだけでなく、今までヒップホップと接することのなかった人たちでも十分に楽しめる内容になっている。

何にもしないで生きていらんねぇ

著者 ECD

アルコール中毒からの生還、自主レーベルでの音楽活動、サウンドデモ、自伝小説の執筆、結婚と子育て……。「家族三人が生きてゆくためには昼間の仕事も音楽も文筆も放り出すことはできない。ボヘミアンというと自由とか気ままとかそんな言葉が浮かぶ。(中略)しかし、自由でも気ままでもない。それでもかまわないと思っている」揺れ動く世界と実人生の中で、おもねらず、いつわらず、考え、書き、ラップし、生活する。熱く、鋭い言葉が詰まったエッセイ集。

十六小節

日本語ラップを変革したラッパー、ジャパニーズ・ヒップホップ界のレジェンド、
TwiGyが初めて語りおろす自身と日本語ラップの誕生ヒストリー。
その小学校時代からヒップホップとの出会い、ニューヨークライフ、伝説のMICROPHONE PAGERから、ソロ活動へ現在に至るまでの軌跡をたどる。
TwiGyの百花繚乱日本語ラップ談義!

ちょうどいいライフ

著者 かせきさいだぁ。人生は「ちょうどいい」探しの旅である……。
巷で人気の脱力漫画『ハグトン』の作者として、ミュージシャンとして、文筆家として、幅広く活躍するかせきさいだぁ≡が綴る「ちょうどいい」案配のライフスタイル・エッセイ集。
人生はヒマつぶしだと言ったりするが、この「ヒマつぶし」って言葉、イメージが悪い。「ヒマ」を「つぶす」のだから良いはずなんだけど、現代はどうも「ヒマ」な時点でダメって…etc.

ラップのことば

ラッパー15人が語る歌詞の書き方証言集。するどい視点とあざやかな韻。聴く者をハッとさせる毒とユーモアとリアル。ラップという音楽の核である「歌詞」にスポットを当て、音楽ルーツや作詞のルール、曲に込めた想いなど日本語ラップのつくり方に初めてメスを入れた日本語ラップ読本。これを読めばラップの聴き方が変わります。
参加アーティスト  ANARCHY、いとうせいこう、宇多丸(RHYMESTER)、K DUB SHINE、COMA-CHI、サイプレス上野、SEEDA、SEAMO、Zeebra、DABO、童子-T、般若、PES(RIP SLYME)、BOSE(スチャダラパー)、Mummy-D(RHYMESTER)

ラップのことば2

あのベストセラー『ラップのことば』が帰ってきた!
日本語ラップを進化させる新旧ラッパー15人の歌詞の書き方証言集 第二弾!!
参加アーティスト:AKLO、泉まくら、VERBAL(m-flo)、OMSB(SIMI LAB)、GAKU-MC、KREVA、KEN THE 390、SALU、SHINGO☆西成、SKY-HI(日高光啓 from AAA)、環ROY、daoko、NORIKIYO、ポチョムキン(餓鬼レンジャー)、MACCHO(OZROSAURUS)

ヒップホップの詩人たち

いちばん刺激的な音楽は路上に落ちている――。咆哮する現代詩人の肖像。その音楽はストリートに生まれ、東京のメディアを遠く離れた場所から、先鋭的で豊かな世界を作り続けている。さあ出かけよう、日常を抜け出して、魂の叫びに耳を澄ませて――。パイオニアからアンダーグラウンド、気鋭の若手まで、ロングインタビュー&多数のリリックを収録。孤高の言葉を刻むラッパー15人のすべて。

文化系のためのヒップホップ入門

気鋭のライターとアメリカ文学者が対談形式でお届けするヒップホップの誕生から現在まで。
ヒップホップは音楽ではなく、ゲームです!
気鋭のライターとアメリカ文学者がその誕生から現在までを
対談形式でお届けする目からウロコのヒップホップ講座これであなたも立派なBボーイ!?

LEGENDオブ日本語ラップ伝説

2007年から2009年にわたりタワーレコード『bounce.com』にて掲載されていた人気連載『サイプレス上野のLEGENDオブ日本語ラップ伝説』が待望の書籍化! 日本語ラップ・フリークとして知られるラッパー・サイプレス上野と、同シーンを見続けてきたライター・東京ブロンクスが、新旧の名盤について、愛情たっぷりに語り尽くします。書籍化にあたり、2人のユルめかつディープな話をばっちりフォローする注釈を大量追加。また、本書でしか読めないライムスター宇多丸氏との鼎談や、関係者による「心のマイ・クラシックBEST 10」、上野氏のレアTシャツ・コレクションなど、新規記事も満載です。

クイック・ジャパン126

現在のフリースタイル(即興ラップ)バトルに渦巻いている熱気がどこから生まれたのか、その理由を探る。
◆いとうせいこう×Zeebra「なぜいまフリースタイルか」
◆株式会社サイバーエージェント代表取締役社長 藤田晋「これまで日本のヒップホップを支援してきて、一番の手応えがある」
◆『フリースタイルダンジョン』収録レポート
◆品川祐×般若 お笑い芸人をフリースタイルでディスる! 『ディスペクト』で何が起こっている! ?
◆R-指定、『高校生RAP選手権』からMCバトルの歴史を語る etc…

ユリイカ 2016年6月号 特集=日本語ラップ

1970年代初頭にアメリカで生まれたヒップホップ。
日本におけるヒップホップの起源のひとつといわれる、いとうせいこう&タイニー・パンクス『建設的』(1986年)から30年、様々な歴史の分岐点を超えて着実に深化/進化し続けてきた。
『フリースタイルダンジョン』(テレビ朝日系列)番組開始を契機に、ここにきて更に熱狂的な広がりをみせる『日本語ラップ』の魅力に迫る。
インタビュー:いとうせいこう/ZEEBRA/般若/KOHH etc…

ele-king vol.18

特集:いまヒップホップに何が起きているのか?
現在の日本で、声なき人びとの声を代弁しているのはヒップホップです。
311 以降、あるいは日本経済が衰退するなかで、ストリートから届く言葉とビート。
紙エレキングが「日本語ラップ」を大特集します!
さてさて誰が登場するのでしょう、どうぞお楽しみに!
それと同時に「ニュー・ジェネレーション・オブ・ブラック・プロテスト・ミュージック(黒人抗議音楽の新世代)」
と称されるほどの熱気を帯びている現在のUS シーンも特集します。
現存するすべてのメディアから賞賛されているケンドリック・ラマーやビヨンセなど、
こちらもすごいことになっています。こうご期待!

まとめ

いかがだったでしょうか。日本語ラップに関する本がこんなに世の中にあるのか?と驚いた人もいると思います。

マニアになりたい人はどれも必読です←笑

また、面白い本や最新の本などあれば追記更新していきます^^

*次はコチラの記事をお読みください。

日本語ラップファン大必見◎  日本を代表するトラックメイカーを一挙に紹介!!
こんちは。ともやんです コレまで日本語ラップの話ばかりブログに書いてきて最近思うのがトラックメイカーってカッケーなぁって。。 表...
MC漢の自伝「ヒップホップドリーム」読んだ感想・レビュー。
今話題のKNZZとのビーフ渦中である漢a.k.a.GAMIの自伝「ヒップホップドリーム」を読んだ感想を書いていきたいと思います。 買う...
KNZZ vs 漢のビーフで殴り合い喧嘩。今,RYKEYはどんな気持ちなんだろうwww
ヤバすぎます。 漢 vs KNZZの殴り合いのガチビーフが勃発しました。 コレはエンターテイメントとかじゃなくてガチなス...
KOHHが表紙の「ele king-いまヒップホップに何が起こっているのか?-」を読んだ感想・レビュー。
音楽雑誌の「ele king」が今回、ヒップホップにフォーカスした号を出版したのでコレは、読んどかないといけない!とピンときて買いました。 ...
AKLOはフリースタイルラップが上手いのか?下手なのか?
AKLOとは? 東京生まれメキシコ育ち、日本人の母親とメキシコ人の父親を持つハーフ・メキシカン。 O.Y.W.M. (One Yea...
日本のヒップホップ界にイノベーションを起こしたKOHHという異彩ラッパー。
KOHHのこと知ってる? KOHH(コウ) 東京都生まれ 独特な歌詞表現、思ったことを そのまま 歌詞にしているかのような「適当」な...


スポンサーリンク

シェアする?

フォローする?