カメラ初心者はいち早く知っとくべき ”RAW現像” の画質の綺麗さが全然違うというコト。

シェアする?

この記事を読むには、325 かかります。 *それでも読んでくれるあなたが好きです。


こんちは。ともやんです。

いきなりですが、皆さん「RAW現像って知ってますか?」

本格的に写真をしてる人からすれば

お笑いのナイツが「ヤホーって知ってますか?」って言うのと同じレベルの

鼻で笑ってしまうような質問ですがね←

ただ、カメラ初心者の人からすれば何のことか分からないと思います。

ボクもつい最近知りましたからね。

ちなみにRAW現像の読みは、「ラウ」じゃなくて「ロー」みたいですよ。

ボクもドヤ顔で「ラウ」って言ってたんですが友達に間違いを指摘されました。。。

ところで、RAW現像って何?なんかメリットでもあるの?

って話になるんですが

メリットがあるんです←

一眼レフやミラーレス機には、保存する時にファイル形式があるんですが

大きく2つ、RAW(ロウ)とJPEG(ジェイペグ)があります。

でRAWって何かと言うとJPEGにする前の編集されてない・圧縮されてない素材です。*ちなみにRAWとは、訳すと生という意味です。

なので簡単に言うとRAW現像するとデータが大きくなる分画質が綺麗なんです。

さらに編集をすることでイメージ通りの写真に進化させるコトができます^^

ちなみ編集なしでもJPEGとRAW現像では、差が出ます。

JPEG

dsc03198

RAW現像

aakio-hfjpg

コレは、ボクが友達を撮った写真ですが、どちらとも編集してません。

数値で見てもJPEGのデータは、5.7MBでRAW現像のデータは、16.3MBで3倍以上のデータ量です。

ぱっと見でもRAW現像の方が明るくて彩度も鮮やかで解像度も高いのが一目瞭然ですよね。

まとめ

というコトで今回の記事で伝えたい事はただ1つ。

一眼レフやミラーレス機で写真を撮ってる人は、RAW現像を早く知らないともったいないよ。というコト←

まずは、カメラ自体のファイル形式の設定からRAWを選択しましょう。

そして、RAW現像するソフトをある程度使いこなせるようになりましょう。

一番使われてるソフトは、AdobeのLightroomです(有料になりますが)

もっと、具体的に勉強したいという人は、この本で勉強するといいでしょう!

 作品づくりが上達するRAW現像読本 〜Lightroom

Adobe Photoshop Lightroom CC( Lightroom6.3)を使用し、RAW現像の基礎を学ぶための解説書です。「輝度(明るさ)」と「色」、このたったふたつの要素を調整するだけで作品としての完成度を高められることを丁寧にガイドしました。一冊を読み通すことで、RAW現像の基本が身に付き、写真を自在に編集して作品力をアップさせることができるようになります。

ボクもこの本で勉強したんですが、かなり分かりやすかったのでオススメです^^


スポンサーリンク

*次はコチラの記事をお読みください。

小松菜奈ちゃんが持っているカメラについて。
なぜだか毎日ボクのブログに「小松菜奈 カメラ」という検索キーワードで 見にきてくださる方がいるので小松菜奈ちゃんが使っている・持ってい...
ズバリ SONY α6300のデメリットだけ言いましょう。
SONY α6300を買って3ヶ月以上経ちましたが 使っていく中で感じたデメリット面だけにフォーカスしてまとめました← いわゆる...
背景をぼかした写真を撮るための基本を知ろう。(一眼レフ・ミラーレス機)sony・canon・nikon・panasonic・pentax
どうも。 最近、動画だけでなく写真を撮るのにもハマってきたともやんです。 というのも、写真の技術って動画の技術にも通ずることが多...
sony (ソニー)ミラーレス一眼レフ α6300の4K動画が言葉が出ないほど綺麗すぎる。。
最近、綺麗な動画が撮りたくて堪らないともやんです。 前回の記事でcanonの動画は、オートフォーカスがヤバイということに触れましたが ...
遂にAdobeより携帯で使えるPhotoshop(フォトショップ)がリリース。
フォトショップが無料? なんとあのAdobe(アドビ)様から携帯アプリのフォトショップがリリースされました。 (*正式名称は...
一眼レフのスタピライザーが欲しい。でも何がいいんだろうな?
あああ。 今、猛烈に欲しいものといえば一眼レフのスタビライザーだ。 (*スタビライザーとは、カメラの手ぶれ防止をしてくれる機材の...


スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする?

フォローする?