4K動画は要らない⁈ ボクが4K動画をやめた理由とその弱点・デメリットについて…

こんちは。Foolishです。

日々、映像制作を独学しています。

昨年の4月ごろ、4K動画が撮れる軽量カメラα6300を手にしました。

(*現在は新型α6500も出てます)

それから半年ぐらい4K動画で撮影してきたんですがココに来て4K動画を辞めました、、。

α6300なのに一番の売り4K動画を使わないのは意味がない!

というプライドで半年撮ってきましたが、今の自分には4K動画が必要ないことに気づきました←

その理由は大きく3つ!!

・扱いづらい

まず一番は、コレ!

4K動画って画質の綺麗さが4倍ですが情報量も4倍なので編集の時にパソコンが重いったらありゃしません。泣 編集がカクカクなんて当たり前です

そもそも、ボクの動画編集のパソコンがMacBook Pro13インチ2.7GHzプロセッサなので4K動画の編集に耐えれるワケがありません。

さらに言うと撮影の際も4K動画となればSDの容量消費が半端ありません←

・フルHDで十分綺麗

一番の決め手は、これでした。

4Kじゃないと綺麗に撮れないだろ?初めはそう思っていたんですが

・レンズ・撮る際の正しい設定・ライティング・カラーグレーディング

など基礎をしっかりすればフルHDで十分綺麗に撮れるコトが分かりました。

・スローモーション撮影ができない

現在、一眼レフで4K動画を撮影できるカメラってフレーム数が30P以下なので

スローモーションを用いた映像表現には適してません。

SONY α6300に関して言えば、フルHDじゃないとハイフレームレート撮影(スローモション向けの撮影方法)ができません。

なので表現方法の幅が狭まります。

まとめ

YOUTUBEなんかで色んなMVを見て

「なんでメジャーアーティストなのに4Kで撮ってないんだろう」とか思ってたんですが

多分、上記で言ったワークフロー的不都合が出るからでしょうね。

というコトで

今のボクには、4K動画は必要ないな。となりました←

逆になんで今まで4K動画で撮っていたんだろうとまでなってます。。

しかし今後、パソコン等の編集環境向上、カメラの機能向上で4K動画でワークフローするのが普通になる時代も近い気がしますね。

おそるべし。。笑

最後にボクが4K動画を封印して創った動画を載せときますので↓

良かったら見てください^^

いや絶対みてください!怒

ATSUSHI SHINGAKI

Final Cut Pro Xガイドブック

*次はコチラの記事をお読みください。

メルカリで Canon AE-1買った!! フィルムカメラのメリットとデメリットって何?!
こんちは。ともやんです。 写真や映像等クリエイティブなコトをする時は、Foolish(フーリッシュ)って名乗らせて貰ってます。(良かっ...
動画編集がサクサクできるMacbook Proが欲しくて、安物買いの銭失い。
あー。もう無理だ、、 動画編集においてMacBook Airは、悪くはないが Final Cut Pro X (動画編集ツール)...
昼間にボケのある動画を撮るときNDフィルターは、ND8とND16どちらが良いのか?
こんちは。ともやんです。 今日は、カメラの話です。 相変わらず、カッコいい写真や映像を撮るために試行錯誤の日々ですが 最近...
一眼レフのスタピライザーが欲しい。でも何がいいんだろうな?
あああ。 今、猛烈に欲しいものといえば一眼レフのスタビライザーだ。 (*スタビライザーとは、カメラの手ぶれ防止をしてくれる機材の...
スポンサーリンク