『いい写真はどうすれば撮れるのか? 』を読んでみた。(本レビュー)

写真を本格的に始めて1年ほど経ちましたが

「何か大事なコト忘れてないかな?」と思ってた矢先に出会った本がコレです。

「いい写真」はどうすれば撮れるのか?

普通、写真の本といえば

カメラの設定に構図、ライディング、レタッチの仕方など

具体的な技術に関するコトが多いと思いますがこの本は違うんですよね。

スポンサーリンク

本を読んで

写真をなぜ撮るのか?

シンプルにコレを考えさせられました。

もちろん、それを考えずに写真を撮るコトが悪いことではなくて

ボク自身も普段そうなので←

ただ、撮った瞬間は過去になり二度とおとずれないのだし、後からその写真が大切なモノになるかもしれない←

筆者もプロカメラマンになって撮った両親の写真が最初で最後のものとなったと語っており

写真で思い出を残すコトの大切さを痛感させられました。

話が少し通ずるのですが

たまたまこの前、ツイッターでこういう問いかけをしてみました。


スポンサーリンク


ボクは、残す派です。(*InstagramでもTwitterでも)

その理由は、過去の恥も受け入れながら自分の成長を確かめたいというのと、

良いコトも悪いコトも思い出を消すのはもったいないなぁと思ってた自分がいたからです。

極端な例をあげたら、もし災害にあって現像した写真やデータが入ってたSDカードが無くなった場合に

SNSに残っていたら助かりますからね。

なのでボクは、作った写真や動画はなるだけInstagramにあげるようにしてます。

写真と言葉

最近思うのが素敵な写真家・カメラマンほど

文章力があるし、言葉と向き合ってるというコトです。

そのコトをこの本を読んで再認識しました。

ボクも写真を撮った時の感情やその持つ意味など言葉にしていこうと思いました。

まとめ

というコトで写真が好きな人、仕事にしたいと思ってる人は、

色んなヒントや気付きが貰える本だと思うのでオススメです。

「いい写真」はどうすれば撮れるのか? ~プロが機材やテクニック以前に考えること

「いいカメラを使っても、画質はきれいだけど、いまいちピンとこない写真しか撮れない……」

そんな悩みはどうすれば解決するのか。

プロカメラマンとして活躍する著者が、「きれい」「かっこいい」「おいしそう」「かわいい」「うれしい」といったキーワードをふまえて、イメージ以上のよさを引き出すために何に注目し、どう考え、どんな準備をして、どう撮るか、という機材やテクニック以前の「考え方」を教えます。

スポンサーリンク