一眼レフ豆知識「APS-Cとフルサイズ」ボケが大きいのはフルサイズって本当?!(この差ってなんですか)

こんちはっす、Foolishです。

今日は、カメラ(一眼レフ)関係のYOUTUBEで面白い実験をしている方が

いたのでシェアしたいと思います。

ところで皆さん、APS-Cとフルサイズって知ってますか?

「フルサイズ vs APS-C」暗さ(夜)に強いのはどっち⁈  ~高感度とセンサーサイズについて~
今更になってフルサイズのやばさに気づいたって話し。 どもFoolishです。 カメラにのめり込んで1年ぐらいしたんですが ...

ボクも恥ずかしいコトにこの間まで知らなかったんですが。。。

カメラ好きな人なら知ってないと話にならないと思います←(なぜかドヤ顔)

本題ですが「APS-Cよりもフルサイズの方がボケが大きい」という話を聞いたことがある人もいると思うんですが

それを実際に比較してる人がいたので参考までにどうぞ!

APS-C vs フルサイズ ~ボケの大きさ勝負~


スポンサーリンク


カメラやレンズのブランドもバラバラなので、精密ではないものの

やはり僅かにフルサイズの方がボケが大きいコトが分かりますね。

本当にわずかもわずか←

なのでAPS-Cのカメラがどれだけ進化して凄いのかが分かるし、無理して価格がクソ高いフルサイズを買わなくてもいいって思います。

ただ個人的に流石フルサイズだ!!って思わせるのは、やはり明るさの方ですね◎

明るさを意識してなかった人は、見直してみてください。

フルサイズの方が断然明るいでしょう??

これもいわゆるフルサイズのメリットで夜の撮影では、この差が写真や映像の明暗を分けます!

というコトでやっぱり、いずれはフルサイズ機が欲しくなるんですよね〜。笑

まぁ今回は、知識の足しになればというラフな話でした^^

スポンサーリンク