クールでお洒落な女性アーティストiriをまだ知らない?1stアルバム『Groove it』を聴いた感想・レビュー。

Night Groove という曲を初めて聴いた時、良いなぁ〜と思ってたiriさん。

たまらずアルバムのGroove itも聴きました^^

スポンサーリンク

iri(イリ)とは?

iri(イリ)1994 年生まれ。神奈川県逗子市在住の女性アーティスト。

自宅にあった母のアコースティックギターを独学で学び、アルバイト先の老舗JAZZ BARで弾き語りのライブ活動を始め、2014年、雑誌「NYLON JAPAN」と「Sony Music」が開催したオーディション「JAM」でグランプリを獲得。
HIP HOP的なリリックとソウルフルでリヴァービーな歌声で、ジャンルレスな音楽を展開。

Groove it の感想・レビュー

アルバム全体を通して「お洒落だなぁ」と率直に思いました。

強い女性アーティストって結構いるけど、結局女性らしさや可愛らしさがサウンドや歌詞に出てくるので

個人的には好みじゃないな←となってしまいがちなんですが

iriに関しては、一貫して cool な点に喰らいました。

低めの声のトーンも良いんですよね^^

サウンド面で言えば、トラックメイカーのメンツは凄すぎて音がお洒落だし

自身で作曲・作詞してるのはエグいなぁと←

シンガーソングとラップにヒップホップ的トラックの融合は、新感覚のグルーヴを感じさせます。タイトル名なだけある◎笑

あと、もう一つ言わせて貰うなら iri のインスタグラムをチェックすれば分かるんですが

音楽以外のところにもお洒落が溢れ出てるんですよね。顔立ちもファッションも写真も。。。

よって個人的に今後、最も注目していきたい女性アーティストとなったコトをお知らせします、


スポンサーリンク


もう、好きです…(きもちわる)

というコトで!!

ヒップホップしか聴かないような男子が聴いても間違いなくカッコいいアルバムなのでチェックしときましょう!!!!

Night Groove

Groove it

【トラックリスト】
1. rhythm
2. breaking dawn
3. 半疑じゃない
4. ナイトグルーヴ
5. フェイバリット女子
6. Wandering
7. 無理相反
8. brother
9. Fancy City

1stアルバム「Groove it」の作詞・作曲は全曲iriが手がけ、トラックメーカーには、水曜日のカンパネラの「ナポレオン」を手がけた平成生まれの新進トラックメーカーチームである Tokyo Recordings、Awesome City ClubやChara、大橋トリオなどをてがけるmabanua、水曜日のカンパネラのメンバーであるケンモチヒデフミ、全国各地ベースミュージックシーンを中心に活動する不特定多数のヒップホップ集団RAPBRAINSのDatakestra & ITLなどが参加。

洗練された都会的なビートに、メロディアスなヴォーカルが絡む「rhythm」や、2016年なシンセサウンドにシティポップを感じる「ナイトグルーヴ」、情緒溢れるアーバンなダンストラックの「半疑じゃない」、アンビエントでチルウェイブ的サウンドに恋愛感情を描写した「フェイバリット女子」など、作品全体を通じてリヴァービーなヴォーカルで独特の符割りと洗練されたサウンドがリスナーを魅了するアルバムが完成した。

スポンサーリンク