韓国ヒップホップも熱い⁈ 知っておきたいホットな韓国人ラッパー10選!!

シェアしてくれる人が好き♡

こんにちは。Foolishです。

Keith Ape の It G MaでKOHHやLootaが客演したことによって

韓国のヒップホップも熱いんだな〜!と興味を持っていたところでした。

そしたら先日、韓国で作曲とラップをしているという高校生のKimさんが

なんとボクのインスタグラムから連絡してきてくれました。

KimさんもIt G MaでKOHHやLootaを知ってYahoo!で日本のヒップホップコミュニティを探していた所、ボクのブログに辿り着いてインスタからわざわざ連絡してくれたらしいのです←

本当に嬉しいですね。。泣

ボクもせっかくだったので、韓国のヒップホップについてKimさんにあれやこれや聞きまくりました。笑

そこでいろんな情報を教えて貰いました。せっかくなので今回は、その情報を中心に韓国でホットなラッパーをまとめましたので是非ご覧ください!

スポンサーリンク

1. Beenzino −ビンジノ

まずは、絶対外せないこのラッパーから。

1987年9月12日 生まれの29歳で日本のラッパーで言うとSLACK・SKY-HI・SALUらと同級生となります。

参加ユニットは、 Jazzyfact。

ポップな曲も良いんですが、個人的には、Jazzyでchillな楽曲が良いなぁ!と

トラップなどのダンスミュージックが流行ってる韓国で聴き飽きない王道なスタイルなのがこのビンジノなんでしょうね。

また余談ですがドイツ出身のモデルと付き合っています。

2. Dok2 −ドッキ

インディペンデントで成功してるラッパーといえば彼です。

1990年3月28日生まれの26歳で日本のラッパーで言うとACE・輪入道・掌幻らと同級生となります。

見た目がジャラジャラしててゴツく見えるんですが身長は、160cmと小柄め。

先駆者として韓国NO.1ラッパーと呼び声が高いドッキですが

2014年には、SEEDAのストリートアルバム『CONCRETE GREEN 』にも参加してるんです。

3. BewhY −ビーワイ

今、韓国で最も勢いのあるラッパーは彼です。

1993年6月15日生まれの23歳で日本のラッパーで言うとCHICO CARLITOやBIMらと同級生になります。

人気ラッパーの登竜門的なサバイバルオーディション番組「Show Me The Money」で有名になりました。

代表曲のShalomは、韓国のトラップミュージックの勢いを物語っています。

4. SuperBee −スーパービー

SuperBeeもSHOW ME THE MONEYで有名になったラッパーです。

1994年5月2日生まれの22歳で日本のラッパーで言うとKID FRESINO・FEBB・ GOMESSらと同級生となります。

パワフルで挑発的なスタイルが人気の秘訣なのだとか!

5. Zico −ジコ

韓国ヒップホップ界きっての美男子といえば彼でしょう。

日本でも人気のダンス・ヒップホップチームBlock Bのリーダーです。

1992年9月14日生まれの24歳で日本のラッパーで言うとSHUNやKOPERUと同級生になります。

ラップスキルはさることながら歌声も甘いのが売りです。

6. Jay Park −ジェイパーク

元々、アイドルグループ2PMのリーダーとして有名だったのが彼ですね。(2PMではパク・ジェボム)

1987年4月25日生まれの29歳でBeenzino・Loopyと同じ歳ですね。

生まれ育ちがアメリカで2PM脱退後もアメリカで活動してるみたいですね。

また、曲のバラエティーが豊富でダンスにも定評があります。

7. Gray −グレイ

そして、Zico・Jay Parkと並ぶイケメンがこの人ですね。

1986年12月8日生まれの30歳です。顔立ちがKen The 390にけっこー似てるんですがwww

作曲等のプロデュース業にも定評があります。

下記のMVは、映像も含めてお洒落過ぎる感じがたまりません

8. Simon D −サイモンドミニック

ゴリゴリなヒップホップを聴きたいなら彼しかいません。

1984年3月9日生まれの32歳で日本で言うとPUNPEE・KLOOZ・DOTAMAらと同級生となります。

フリースタイルで磨いたラップスキルと方言・イントネーションなどクセのあるフローが魅力のラッパーです。

9. Changmo −チャンモ

ユーティリティーな才能の持ち主だというラッパーは彼です。

1994年5月31日の22歳でSuperBeeと同級生ですね。

ピアニストであることからピアノを用いた作曲センスがピカイチで

「ピアノ×トラップミュージック」はなんか新鮮な世界観です。

10. Loopy −ルーピー

LAをベースに活動していた韓国人ラッパーのLoopy。

1987年9月9日生まれの29歳で日本のラッパーで言うとSLACK・SALU・SKY-HIらと同級生になります。

スラングで Loopyとは、変人の・現実離れした・バカという意味ですが、自虐名として名付けたのでしょうかね? もしそうであればFoolishと名乗ってるボクがインスピレーションを感じてやみませんw

Makit Rainレコードのメンバーで(Loopy、Bloo、Owen Ovadoz、Nafla、Young West)

世界標準のトラップミュージックを表現しています。

まとめ

そういえば上記にKeith ApeやOkasianは入っていません。

なぜなら、キムさんに聞いた情報によるとあくまでマニアな支持層があって大衆的に人気なのは、ココで選んだ10人なんだそう←

まとめると韓国のラッパーは、日本のラッパーよりも歌唱力やダンスに長けていてタレント的な立ち位置にも見えますね。

人気番組「SHOW ME THE MONEY」などが引き金となり、韓国のヒットチャートにヒップホップが多く並ぶみたいですから驚きです。日本じゃありえないことです…

また、アメリカを拠点に活動するラッパーもいたり英語が出来る韓国なだけあり直接アメリカからインスピレーションを受け発信してるので世界標準のレベル←

そういった意味では、日本より完全に先を行かれてる気がします。

今回、ボクも他国のヒップホップに触れる良い機会になったので、

今後も韓国やアメリカの情報も発信して日本のアーティストやリスナーの刺激になれば幸いです。

スポンサーリンク